アートな交流イベント!

ステキな日曜日wonderful sunday~

Vol.2「いきもの」は、

2024年5月12日(日) 岐阜メディアコスモスで開催します。

出演者

岐阜大学の岡本明子先生 &

ピアノパフォーマーのウ――ノさん &

特別ゲスト・スイス人のチッタさん &

特別展「地球の主人公たち」

司会・こうた留美子さん

詳しくは、予約フォーム後の「プログラム」をご覧ください。


参加チケットのご予約は、下記のフォームから簡単にできます。

(ご予約フォームの発信後、1日以内に予約完了メールが、チケット番号、合計金額と共に送られます。お支払いは、イベント当日となります。)ご予約無しの当日チケット料金は25%増しです。

の付いているところは、必ずご記入お願いします。

 

Hinweis: Bitte die mit * gekennzeichneten Felder ausfüllen.


Vol.2「いきもの」のプログラム

 今回のテーマは、分かっているようで実はとても奥深く、勘違いしていることの多い「生き物の世界」。

進化の頂点に立つと思い込んで、他の動物や昆虫に対して優越感を持ち、さらに目の耳もの脳もない植物は「つまらない」生物だと持っていませんか?

そんな生き物をテーマに、驚きと感動、交流のあるステキな日曜日を準備しています。

特別イベント:5月12日(日)14時開演

第一部:みんなのホール

岐阜大学准教授・生物学者の岡本朋子先生が、昆虫と植物の知的な関係から、私たちが知らない「びっくり」な生物界を紹介。その後インタビューで、研究の裏話や先生の人柄にも迫ります。

音楽は身近な幸せだ!をモットーに、ショー全期にわたりピアニスト・ウ――ノが「生き物」からインスピレーションを受けた曲目でライブパフォーマンス。

特別海外ゲストの紹介して、第二部へ。

第二部:みんなのギャラリー

わたくし日本画画家・ポンパータカハシ里衣による「地球の主人公たち」と題した、40億年の生物の歴史を描いた全長13メートルの大型墨絵をメインに、気の遠くなるような生物の進化歴と、今の地球を体感できる特別展会場にて、出演者と参加者の交流。

各出演者の特別ブースで、昆虫クイズやトイピアノ・ジュークボックスなどに挑戦して、みんなで仲良く楽しみましょう。

海外ゲスト・チッタさんのブースでは、言葉が無くても交流できる、彼女の専門、西洋金箔押し技術体験が出来ます。スイス文化に興味がある人は、特にお見逃しなく!

さらに!

特別展 「地球の主人公たち」:5月9日―13日 毎日 9時から21時までオーブン

西洋金箔押し技術ワークショップ:5月9日―13日 毎日 14時から19時まで

中世の西洋金箔押し技術で、オリジナルのポストカード作りワークショップをチッタさん本人が実施。

予約不要な、飛び入り参加型です。スイス文化に興味がある人も、お話しに来てください!

(私もアシスタントとして待機しています。)*費用は材料費のみ(250円~)


過去のイベント・2022年

 

Vol.1  テーマ「ピアノ」

 どの学校にも「ふつう」に存在する楽器だけど、どうして音が鳴るのか、誰がいつ発明したのか、知ってますか? 現在のピアノが出来上がるまでの歴史には、時代背景や多くの職人と天才音楽家達の情熱がいっぱい詰まっていて、思ったよりずーっと奥深いんです。

 その情熱をもってお仕事をされている、ピアノ制作、修復家の山本宣夫さん専属アシスタントの波多野みどりさんを大阪の堺からお呼びします。本や歴史では分からない、作るという立場から見るピアノのすごさ、ご苦労を率直にお伺いします。

  楽器に潜む情熱を知った後のピアノコンサートは、絶対に一味違います!

 特に今回演奏するピアノパフォーマー「ウ――ノ」さんは、普段から「もっと気軽にピアノ音楽を楽しむ」をモットーに活動する岐阜で有名なピアニスト。さらに、このコンサートのプログラムは。グランドピアノだけでなく、トイピアノ演奏も入っています。お楽しみに!

  〆は、「 ステキな日はみんなで作る!」ということで、ウィーン出身のシンガーソングライター「ハーリー」と文化、言語の壁をを超えて盛り上がりましょう!

  隣接するギャラリーでは、特別展「ひかえめなスペシャリスト達」と ピアノのメカニズムと歴史についてのパネルの展示がありました。